デジタルピアノ-今すぐ入手するための7つのステップ

製品の購入に関しては、情報が制限される可能性があります。このため、間違ったアイテムを購入する可能性があります。最初に欲しかったものを購入することもできますが、すぐに満足できなくなります。必要な情報がすべて揃っていないと、何かを買うのは難しいです。

それで、ある日、私はスーパーマンのような人々を本当に助けたいと思ったのです。私はピアノの仕事を始めたばかりなので、デジタルピアノの購入に関して基本的なヒントをいくつか紹介します。現在、デジタルピアノには文字通り何百ものモデルがあるので、どこから始めればよいのかさえわからない人がいる理由が理解できます。

Googleで「デジタルピアノ」を検索したのは500万件を超えたと思います。数十のモデルを見つけるためだけに地元の店に行くことに頼ったかもしれません。ねえ、それは改善ですが、彼らがP95やMP6のような名前を持っているとき、あなたは相変わらず混乱しています。最後に、セールスマンがあなたを助けるのではなく何かを売ろうとしていることにすぐに気付く前に、おそらくセールスマンにアドバイスを求めたでしょう。

これで、このガイドの助けを借りて、どこから始めて何をしたいかがわかります。

ステップ1:ザ・フー

何かを購入する前に、まずこれが誰のためのものかを決める必要があります。それはあなた自身のためですか?ピアノが大好きな奥さんのためですか?7歳の子供向けですか?デジタルピアノの選択に関しては、これらすべての決定が重要です。何かをする前に、これを考慮に入れてください。このピアノには複数のユーザーがいる場合もあります。その場合、あなたは最先端のプレーヤーの期待に応えたいと思うでしょう。たとえば、エントリーレベルのデジタルピアノでは、初心者は気にしませんが、上級者は気にします。ハイエンドのデジタルピアノで、初心者もエキスパートも満足します。したがって、最先端のプレーヤーの期待に応えることが重要です。

他のすべては、この最初のステップを中心に展開されます。

ステップ2:感触

私の意見では、これが誰のためになるかを決定した後、ピアノの感触は、ピアノを購入する際に次に重要な部分です。明確にするために、アコースティックピアノの一方の端で音符を弾きます。次に、反対側で別のノートを再生します。あなたが気付くのは、低い音が高い音より少し重いということです。ピアノのキーを押すと、実際にハンマーを持ち上げて弦を叩き、弦を振動させます。これは音を出します(出典:私の素晴らしい物理学の知識)。低い音のハンマーは高い音のハンマーより少し重いので、これらのキーが重く感じる理由が説明されています。また、キーをゆっくり(または軽く)押すと、ハンマーが弦に届かないため、音が聞こえなくなります。

そうは言っても、デジタルピアノはこの重みのある感覚をエミュレートします。バリエーションはたくさんあり、最高のものは本物のアコースティックピアノのように感じますが、安いものはそうではありません。たとえば、ヤマハのブランドには、GHS(Graded Hammer Standard)とGH / GHE(Graded Hammer Effect)があります。GHSは通常、エントリーレベルのデジタルピアノに搭載されています。GHよりも軽い感じです。ほとんどの初心者は気づいていませんが、上級者はGHアクションキーボードを好む傾向があります。

私はこのステップがあなたのピアノを選ぶ上で最も重要なステップであると信じています。あなたがそれの感触が気に入らないならば、あなたはあなた自身のデジタルピアノに絶えず悩まされるでしょう。時々、キーはあまりにもプラスチックに感じます。あなたは今それを望まないでしょう?感触よりも音の方が重要だと主張する人もいます。とにかく、誰もがこれらの2つの側面がデジタルピアノを購入するために重要であることに同意するでしょう。これで次のステップに進みます…
In case you liked this post as well as you wish to get guidance with regards to 障がい さちピアノ教室 kindly pay a visit to the website.

ステップ3:サウンド

音楽の音は、キーボードの感触と同じくらい重要である可能性があります。電子ピアノが実際のピアノのように感じることが重要です。それは当然のことです。

すべてのピアノ会社は、グランドピアノの音を複製するよう努めています。たとえば、キーを弾くときは、強く押すと音が異なります。最も基本的なデジタルピアノにはこの機能がありません。これらのピアノはベロシティセンシティブではありません。より高価なピアノはベロシティセンシティブであり、ピアノごとに異なります。一部のデジタルピアノには、ベロシティレイヤーが1つしかない場合があります。10のベロシティレイヤーを持つものもあります。もちろん、レイヤーが多いほど、パフォーマンスの表現度が高くなります。これらのデジタルピアノはあなたの演奏の微妙なニュアンスや微妙さをすべて認識しているので、あなたは本当にあなたの作曲を生き生きとさせることができます。

あなたはピアノがあなたが望むように聞こえることを確認しなければなりません。時々、あなたはそれらをオンラインで聞いたり、YouTubeのビデオを見たりすることができます。ヘッドホンを持って実際のお店に行くことをお勧めします。

アコースティックピアノとは異なり、デジタルピアノは他の楽器と同じように聞こえます。はい、それは素晴らしいです。一部のデジタルピアノには535の楽器があります!他の人は10しか持っていないかもしれません。一般的に、あなたは実際のピアノの音のためにデジタルピアノを購入しているので、これらの他の楽器はそれほど重要ではないかもしれません。

もう一つ注意すべきことは、ピアノが実際に悪くないのにどのように聞こえるかについて不平を言う人がいるかもしれないということです。よくある間違いは、ピアノとスピーカーの音を混同することです。いくつかのピアノは素晴らしい演奏をしますが、彼らのスピーカーは悪いです。この場合、ヘッドホンや外部スピーカーを使用するだけで音質が大幅に向上します。一方で、一部のピアノはただ悪いです。どんな種類の道具を使って音楽を聴いても、本物のピアノのようには聞こえません。だから、ピアノを聴くためにヘッドホンを店に持って行くことをお勧めします。

全体として、キーの感触とピアノの音の両方が、その特別な人またはそれらの特別な人のためにデジタルピアノを選択する際の重要な側面です。

ステップ4:機能

「声」、「音」、「音」は楽器の別の言い方です。電子ピアノを使用すると、ギター、ドラム、またはその他の可能な楽器を演奏することができます。初心者でもピアノの基本的な知識で美しい音色の音楽を作ることができます。

一般的に、エントリーレベルのデジタルピアノは少数の声しかありません。それでも、さまざまな楽器を提供します。あなたが他の楽器に興味があるなら(そして私はあなたの多くがそうだと知っています)、あなたはそれがどの音を含んでいるか、そしてそれらがどのように聞こえるかを正確に知りたいでしょう。

「ポリフォニー」は、同時に演奏できるノートの数を表します。たとえば、CasioPX-130には128ポリフォニーがあります。つまり、最大128の異なるノートを同時に再生できます。その数を超えると、最初に演奏した音が消えます。したがって、一般的には高いほど良いです。

ほとんどの場合、128音のポリフォニーで十分です。初心者の場合は、32音のポリフォニーで十分です。高いほど良いのですが、ポリフォニーが低いからといってピアノが悪いわけではありません。結局のところ、それを使用しないのであれば、それは機能の過負荷にすぎません。初心者はそれほど多くを必要としない可能性が高いので、初心者の場合はこれを考慮に入れてください。

「リバーブ」は、コンサートホールのような雰囲気を放つ機能です。たとえば、部屋で外部スピーカーを使ってデジタルピアノを弾こうとすると、音が壁に跳ね返り、自然なリバーブが発生します。リバーブ機能は、外部スピーカーがなくても、コンサートホールにいなくても、その効果を生み出します。

「コーラス」はほとんど自明です。この機能は、ノートがグループとして再生されているような雰囲気を放ちます。このエフェクトを使用すると、20台のピアノが同時に演奏されているようになります。

ご覧のとおり、デジタルピアノには他にも多くの機能があります。ほんのわずかな割合の機能についてのみ言及しました。一部のデジタルピアノは2つに分割できます。他の人はあなたがあなた自身の音をカスタマイズすることを可能にします。機能は無限になります。デジタルピアノを購入する前に、どのような機能が必要かを考慮してください。

ステップ5:移植性

旅行が多いので、ポータブルデジタルピアノが好きです。「旅行」とは、国を越えてという意味ではありません。私はただ一箇所にとどまることができないので、私は通常家にいません。私は動いている必要があります。ヤマハNP30のようなポータブルデジタルピアノはいいですね。私は2台のデジタルピアノを持っている多くの人々を知っています。彼らは家に1つ、一般的にはより高価なデジタルピアノを保管しています。次に、旅行中に使用する2番目の軽量のデジタルピアノがあります。

また、携帯性を気にしない場合でも、重量を気にする場合があります。一部のデジタルピアノは非常に重い場合があるため、小柄な女の子の場合は、ピアノを組み立てて目的の場所に運ぶのに助けが必要になる場合があります。

ステップ6:耐久性

あなたはまた、あなたがこのピアノを持っていることをどれくらい計画しているのかについて考える必要があります。たとえば、あなたはまだ初心者ですが、中級レベルに近づいているとしましょう。ヤマハNP30よりもローランドFP7やヤマハYPG635のようなものを購入する方が良いです。

さらに、耐久性を判断する明確な方法はありませんが、オンラインでレビューを読むことができます。ヤマハのようないくつかの会社は耐久性のあるピアノを作ることで知られています。

ステップ7:コスト

おい。音楽は魂に良いです。あなたの魂を浄化し、あなたの夢のデジタルピアノを手に入れることになると、コストはあなたの心の最後のものでなければなりません。大丈夫。それは冗談でした。何かを購入しようと考えている人は、すでにコストを考慮していると思います。

さあ、そのデジタルピアノを買いに行きましょう!

あります!これは、正しいデジタルピアノを購入するための私の非常に簡単なガイドです。これらの7つのステップを使用すると、必要なデジタルピアノを見つけることができるはずです。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *